スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

キーファ54★優しい口づけ

★149年28日★

魔導師のボニーさん、エメリナさん、ベティさんが揃って歩いていたので、声をかけてみました。

「おはようございます、ボニーさん」

「キーファちゃん、元気してた~?うちのジェルヴェったらね、毎日別の女の子と遊びにいってるみたいなのよ。何とか言ってやってちょうだい!」

「あはは……」

0311kifa144-[] (886)

エメリナさんはルイスペドロのお母さん。

「うちのルイスちゃんはね~、ポリーヌちゃんと上手くいってるみたいよ~♪あは、言っちゃったw」

「……へ、へぇ~」

あれ……?ポリーヌってミックと付き合ってたんじゃなかった……?

0311kifa144-[] (887)

今日はアチェロの父ニーノさんの誕生日でもあります。

「お誕生日おめでとう」

「ふん、年を取ったって嬉しくないな」

もう……素直じゃないなぁw

顔赤くなっちゃって、可愛いんだからw

0311kifa144-[] (889)

★149年29日★

今日はあたしの誕生日。

0311kifa144-[] (890)

「キーファちゃん、お誕生日おめでとう」

「ありがとう、ミーノくん」

「何か欲しいものは?たとえば、いむぐるみとか……」

「もう……あたし、子供じゃないんだからね…」

「ははは、そうだったね」

0311kifa144-[] (891)

「あら、私たちにとってはいつまでも可愛い娘なのよ。今年は素敵な報告が聞けるかしら?」

「そうね、頑張ってみるわ」

あれ……ミーノくんがなんだか複雑な表情になっていますw

0311kifa144-[] (893)

外に出ると、友人たちもお祝いの言葉を掛けてくれました。

「キーファおめでと~」

学生時代は、優等生で清純派だったジャスティナ。

最近はネストールやフェリプと、とっかえひっかえデートしているようです。

可愛い顔して全くもう……。

0311kifa144-[] (895)

幼なじみのホリーも。

「キーファ、何だか綺麗になったんじゃない?」

「そうかな……?」

「うん!恋してるって感じ~?」

「どうかしら……wって……!ネストール!?ジェルヴェは?」

「目が覚めたわ!ジェルヴェのやつ、女の子なら誰でもいいのよ。全く失礼しちゃうわ!それに比べて、ネストールは紳士だしね♪」

そ、そっかぁ……

「ネストールも大して変わらないのよ…」なんて言ったところで、ホリーは信じてくれないんだろうなぁ……

0311kifa144-[] (896)

今日はジュリアンさんと誕生日デート。

「キーファちゃん、お誕生日おめでとう」

「ありがとう、嬉しいわ」

0311kifa144-[] (897)

冬の日の「精霊の木」は、雪が舞って神秘的な雰囲気です。

「珍しい。なんだか眠たそうね」

「うん……。昨日はほとんど眠れなかったからね」

「あら、どうして……?」

「君にこの想いをどう伝えようかーー。一晩中、悩んでた」

「………?」

「実は、アスターの勤めを誰かに託そうと思ってる……。後任への引継ぎが多くてね、最近は少しばかり忙しかったんだ」

「えっ……それって」

「あぁ……。僕と、結婚して欲しい」

0311kifa144-[] (898)

「………もったいないわ」

「え……?」

「もうすぐで定年なんでしょう……?それまで勤め上げてからでも遅くないんじゃないかしら」

思わず吹き出してしまうジュリアンさん。

「何だか意外な反応だなぁ……w」

「そう…?あたしが物心ついたときから、ジュリアンさんはアスター神官さまだったから。何だか呆気ないなって」

「いいんだ。この7年で、アスターとしての勤めは僕なりに果たしたつもりだし。何より僕にとっては、これから君と過ごす時間の方がかけがえのないものだからね」

「ありがとう……。この上ない、素敵な誕生日プレゼントだわ」


フェイの森に戻ると、アチェロが釣りをしていました。

「誕生日おめでと」

「お互いにな。……ん?何だか嬉しそうだな」

「ふふ、秘密♪」

「そう言われると気になるな……。そういや……」

「………?」

「前より綺麗になったんじゃないか?」

「な……!?今まではそうじゃなかったってこと?」

「違うよ!素直に受け取れっての!」

0311kifa144-[] (900)

お、ミックいいところに!つーかまえた!w

「やっほ〜!」

「おう、今日は誕生日だったよな。飲みに行くか?」

「やった〜♪」

0311kifa144-[] (903)

カンパ〜イ!

「ジェマさんのご飯、本当に美味しいよね〜」

「料理上手な女性っていいよな。さすが、イスカの乙女さまだ」

「ポリーヌはどう?」

「……あ、それなんだけどよ……」

「……?」

「ポリーヌとは……最近……上手くいってないんだ…」

「え……そうだったの!?」

「黙ってて悪かった。誰かいい人がいたら紹介してくれよな」

「うん……」

「まぁ、今日はお前の誕生日だ。飲もうぜ!」

0311kifa144-[] (904)

ミック、強いんだもん……ちょっと飲み過ぎちゃった…

「ネストール〜!のんでるぅ?あはは〜!」

「キーファさん、そんなに飲んで大丈夫ですか?」

「らいりょぶ〜!」

「仕方ないですね。僕が責任を持って送ってあg」

「いや、ダメだ。お前は何すっかわかんねーから。オレが送ってく」

「……僕、一体どんな奴だと思われてるんですか」

0311kifa144-[] (905)


★150年1日★

新年おめでとうございます!

朝ごはんのあと、ミーノくんと一緒に「新年の儀」へ。

0311kifa144-[] (908)

今年も二代目工芸家ルイーズさんの力作に賛辞が贈られます。

おじいちゃん、おばあちゃん、今年もよろしくね。

0311kifa144-[] (907)

さて、後輩たちをお祝いするため「成人式」へ。

今年の新成人は、男女各2人です。

0311kifa144-[] (909)

「ハウエル」はウォルトさんとカチューシャさんの長男。

「エンツォ」はマリーさんとフレッドさんの次男。兄のヒッポリトさんとそっくりなんだよね。

花畑のお屋敷に住む「モネ」。母エレナさんは美人で有名なんだけど、彼女は父ラザレスさんに激似。

工芸家ルイーズさんの妹、「ヴィクトリア」。

みんなおめでとう!

0311kifa144-[] (910)

早速、同級生のフェリプがヴィクトリアに声を掛けてた。

手が早いなぁ……。

0311kifa144-[] (914)


★150年2日★

今日はミーノくんの誕生日。

「あれ?母さんは?」

0311kifa144-[] (915)

「シンデレラちゃんなら、スクランブルがかかって朝早く出かけて行ったよ」

「残念……。母さん張り切ってたのにな。ミーノくん、誕生日おめでとう」

「父ちゃ、老けたね」

「………。」

マリベル素直すぎるよw

ということで、二人からのプレゼント!

「似合うかな?」

「うん、素敵。早く母さんにも見せてあげて♪」

0311kifa144-[] (916)

さてと、「仕事始め」でも見に行きますか。

0311kifa144-[] (924)

あ…!おばあちゃん、誕生日おめでとう。

おばあちゃんはいつまでも美人さんだよねぇ。

「そう?ありがとう♪嬉しいわ〜!」

0311kifa144-[] (925)

今年の農場長はマリーさん。

0311kifa144-[] (917)

副代表のアドルファスさんに、

0311kifa144-[] (923)

おじのヒョードルくん。

0311kifa144-[] (918)

ネストールの姉ニーナさん、

0311kifa144-[] (920)

移民のシェイラさんも。ん……ミック?w

0311kifa144-[] (919)

今年の注目は、ミックの姉オリーヴさんとジェルヴェの姉ローナさん。

この二人、実は同級生なんだけど……

サルバドールさんを巡って過去に「ドロドロ愛憎劇」を繰り広げたらしいのよね。

選抜戦で相見えたときはローナさんの圧勝だったけど、今回はどうなるかしら。

0311kifa144-[] (921)

ラナンの橋でディアナさんにもご挨拶。

「仕事始め」に参加していなかった、もう一人の副代表さんです。

0311kifa144-[] (927)

そうそう、アチェロの奥さんアンナ・リサと姉のナタリアさんが揃ってご懐妊してました。

0311kifa144-[] (926)

元気な赤ちゃんが生まれるといいな。

0311kifa144-[] (929)


★150年3日★

…………!

0311kifa144-[] (930)

エメリナさんは同級生ルイスペドロのママ……。

エメリナさんのことを「先輩」と慕っていた母さんも、ショックを受けています。

(関係ないけど、マリベルが母さんと一緒に寝てるみたいで萌える)

「エメリナさん……具合は……」

「大丈夫……と言いたい…ところだけれど……」

「ううん、無理しないで……」

「……キーファちゃん……あなたも……戦士を…目指す…つもり……?」

「えぇ、そのつもりだけど……」

「そう……私がこんなこと…言うのも……なんだけど……あなたが…魔女軍団…に入ってくれたら……頼もしい…のに……」

「………えっ」

「ふふ……ごめんね……こんなこと…言ったら……シンデレラに……怒られちゃうわね……」

「………。」

0311kifa144-[] (933)

「ルイスちゃん……もっとこっちに……」

「母さん……」

「あなた……幸せだったわ……」

「エメリナ……」

0311kifa144-[] (931)

そろそろ…お暇しましょうか……。


「キーファちゃん…」

道端で新成人のモネに会いました。いつもより少し元気がないような……

「…ルイス先輩、大丈夫かなぁ」

モネってルイスペドロのことが好きだったの。知らなかったわ。

0311kifa144-[] (936)

夕刻、エメリナさんの葬儀へと向かいます。

「キーファ……オレ……」

「しっかりしなさいよ、ルイスペドロ。そんなんじゃ、エメリナさんも浮かばれないわ」

「そう……だよな」

0311kifa144-[] (934)

葬儀には母さんやおじいちゃん、魔導師仲間などエメリナさんを慕う多くの国民が参列していました。

喪主は長男のルイスペドロが務めます。

0311kifa144-[] (935)

母さんにとって、エメリナさんは心から尊敬できる先輩であり、頼りになるママ友だったとか。

エメリナさん、どうか安らかに……


★150年4日★

今日は母さんの誕生日です。

シンデレラ、15歳になりました!

0311kifa144-[] (937)

ホリーが新成人のエンツォくんと歩いていました。

……っておい!w

0311kifa144-[] (940)

「ちょっと、ネストール一筋なんじゃなかったの?」

「乙女に憧れる男の子は多いのよ。彼らの夢を叶えてあげるのも私たちの使命でしょ♪」

「はぁ……」

0311kifa144-[] (939)

「キーファ!」

「おはよう、アチェロ。どうしたの?嬉しそうね」

0311kifa144-[] (946)

「赤ちゃんが……!お父さんになるんだ!何を買えばいいんだろう。いむぐるみ、ミルク……?そうだ、明日買い物に付き合ってくれないか?」

「ふふ、気が早いわよ。それよりニーノさんにはちゃんと報告した?」

「あ……そうだよな!」


闘技場でエメリナさんに代わる、新たな魔導師さんを見かけました。

バルナバさんは「元シズニ神官」。

同級生ジャスティナのお父さんです。

0311kifa144-[] (945)

さて、今日は「料理大会」が行われます。

うふふ、あたしもちゃっかりエントリーしちゃいました。

0311kifa144-[] (947)

審査員はもちろん、アスター神官のジュリアンさん。

ふふ、なんだか照れちゃうわね。

「どう……かな?」

「ウッ……」

「だ、大丈夫………!?」

「これは…美味しいです……!」

ホッ……良かったわ、ロベルトさんの前で赤っ恥をかかなくて←

あたしの後にもう一人、最高評価をもらった人が……

0311kifa144-[] (948)

「それでは、結果発表です!」

ドキドキ……

「今年の酒場の店主は……」

0311kifa144-[] (950)

「アンナ・リサさんにお願いします!」

えぇ……

0311kifa144-[] (951)

「優勝できて嬉しいです。キーファちゃん、ごめんね♪」

0311kifa144-[] (952)

大会終了後、すぐにジュリアンさんを捕まえます。

「残念だわ……。ねぇ、何がいけなかったのか教えてくれる?」

「いや、あんなに美味しいラゴルステーキは初めて食べたよ」

「じゃぁ、どうして?」

「……君の手料理は、僕が独り占めしたいなって」

「まぁ!呆れた……」

0311kifa144-[] (953)


★150年5日★

今日はアンナ・リサの姉ナタリアさんのところに赤ちゃんが生まれるそうです。

0311kifa144-[] (954)

ナタリアさんのお宅へ向かうと……

「ミーノくん!?」

「あ、いや、その……」

「ミーノくんもナタリアさんのお祝いに来たの?」

「いや……あの……今日ここで僕を見かけたことは、シンデレラちゃんには黙っててくれるかな!?」

「いいけど……」

ミーノくん、過去にナタリアさんと何かあったのでしょうか……w

家の前でウロウロして、結局は顔も出さずに帰ってしまいました。(一体何だったんだろう…?)

0311kifa144-[] (959)

「ナタリアさんおめでとう」

「ありがとう!」

マリリンちゃん、こんにちは。お顔はパパ似かな?

0311kifa144-[] (955)

コルウェルさん宅をお暇して、大通りを歩いていると……

「キーファちゃん!」

「まぁ、ほんとに還俗したのね!すぐには誰かわからなかったわ」

「うん、ほぼ初めての平服だからね。僕自身、何だか新鮮だよ。それでさ……ずっと言いたかったことがあるんだけど」

「何かs……!」

あたしが言い終わるか否かのタイミングで、そっと唇を奪われました。

0311kifa144-[] (964)

カァ~ッ…(///o///)

「えへへ、びっくりした?」

「ぅん……」



「クスッ……でも何だか、まるで別人とお話してるみたいだわ」

「そうかい?これからは堂々と君とデートできるし、やりたいこともたくさんある。ワクワクするよ」

「ふふ、そうだわ。明日はお祝いにデートなんてどう?」

「それは嬉しいね。あ……ネストールくん」

「え……!?」

0311kifa144-[] (960)

「こんにちは、キーファさん」

え…どういうこと……!?

0311kifa144-[] (961)

「彼がね、ぜひとも後継者として指名して欲しいと言ってくれたんだ」

「そ、そう……」

「では、僕はこれで。お・幸・せに……」

不敵な笑みを浮かべるネストール。

何を企んでいるのかしら。何だかこわいわ……


その後、久しぶりに学校へ。一緒に母さんの授業を受けてみました。

0311kifa144-[] (962)

今日お姉ちゃんになったイザベラちゃん。

マリベルと仲良くしてあげてね。

0311kifa144-[] (963)

闘技場ではボニーさんとベティ魔導師長が特訓していました。

「あら、キーファちゃん」

「特訓ですか?」

「えぇ。ネストールが引っ越ししたから、様子を見に来たついでなんだけどね」

ベティさんは、アスター神官に就任したネストールのお母さんなんです。

せっかくなので、あたしも稽古をつけてもらえることに。

0311kifa144-[] (965)

「ほら!そこで気を抜かない!」

「はいっ!」

0311kifa144-[] (966)

「ありがとうございました!」

「ちょっと待って、キーファちゃん」

「………?」

「ねぇ…今年の魔導師選抜戦に出てみない?」

「え……?」

「エメリナが抜けた今、魔女軍団は危機的状況なの……。私やボニー、ハリーだっていつ限界がくるかわからない……。あなたのように実力のある若い子が入ってくれたら、私たちも安心して………いいえ、何でもないわ。ごめんなさいね。突然こんなことを言って……」

「いえ……」


*******************************

キーファの同級生はイケメン揃い。

でも、女友達と仲良くしたかったから、あえて同級生たちには手を出さなかったんです。

だけどネストールは、キーファが「今は恋愛に興味ないから…」と何度断り続けても、毎日諦めずに声をかけてくれて。多いときには一日に2度もデートに誘ってくれたこともありました。

それなのに突然、ジュリアンさんと付き合っちゃったりしたもんだから、彼に対して少し引け目は感じていたんですけどね……。

でも、それにしたって……

まるで当てつけのように、ジュリアンからアスター神官を引き継いでみたり、ジュリアンの妹であるホリーに手を出してみたり……

ネストール、これじゃまるで「ストーカー」だよ!w

偶然にしても、ちょっと怖いな〜と思ってしまう中の人なのでした。

******************************
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ぱいん

Author:ぱいん
当ブログはリンクフリーです。
当ブログでは株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド』シリーズの画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/

line
★ブログランキング★
ポチっとお願いします♡

FC2Blog Ranking

line
訪問者数
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
16679位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2885位
アクセスランキングを見る>>
line
最新記事
line
最新コメント
line
リンク
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。